Googleストリートビュー(屋内版)って、どういう時に活躍するの?

こんにちは、こんばんは、Googleストリートビュー(屋内版)撮影担当の吉永です。
今回はGoogleストリートビュー(屋内版)って、どんな時に使うかを少しだけお伝えしたいと思います。
まず、皆さんGoogleストリートビューはご存知ですよね?
おそらく知らない人の方が珍しいくらい、皆さんにとって身近な存在になっていると思いますが、
スタートが2007年だったので、実のところ、まだ10年経ってないんですよね。
そんな中、現在ストリートビューはさらに進化を続け、屋内まで皆さんに見てもらえるようになっています。
以前はインドアビューと呼ばれていましたが、現在はストリートビューに名前が統合され、マイビジネスページ上では、
「中を見る」という表記に変わっています。
皆さんが、もし自分の家の周りや、出かけた先でお店を探したいなーという時に、Googleマップを開いて、
行きたいお店のジャンルを打ち込んでみて下さい。
例えば、【京都 美容室】なんて打ち込んでもらえたら、こちらのような素敵なお店に出会えます。
【バーバーショップテト】さん

オシャレなこのお店の奥へどんどん進んでみると...

なんと、個室があるじゃないですか?!
なかなか、こういったお店ないんじゃないでしょうか?

このように、お店の魅力がしっかり分かりますし、
山ほどお店がある中で、自分にとっていいなと思うお店を見つけるのに便利ですねー。
最近Googleマップもどんどん進化しているので、こういった形で、いいお店がどんどん見つけやすくなってます。
他にも様々な場面で活躍するGoogleストリートビュー(屋内版)。
また次回もお伝えしていきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です