導入事例
学校・教育

京都市 京都キッズアカデミー

2017.03.01

アメリカ・ワシントン州シアトル郊外(エベレット&ミルクリーク)にて、1987年から6年間に及び滞米。この時の経験をもとに当アカデミーは設立されました。

娘は1歳10ヶ月で渡米、当時娘が話せた日本語は「パパ」と「ばちゃん(おばあちゃん)」の2語だった気がします。2歳からDaycare Center(保育所)に通い始めました。2週間も過ぎると預ける時に泣かなくなるどころか、少しずつですが、帰宅してからも英単語を話し始めたのです。急激に日本語と英語を覚え始めた時期です。

滞米生活を送りながらバイリンガルに成長して行く娘を通して、幼児英語教育に関する多くを学びました。その経験をもとに日本に住みながらにして、バイリンガルな子供を育てる環境を作ります。ご期待ください。

京都キッズアカデミー
オーナー 岡崎 祐治

撮影担当 吉永から一言
旅好きで色々な経験をされているオーナーの岡崎さん。
話をしていると、本当に魅力的な方です。
京都キッズアカデミーの理念や校風も、そんな岡﨑さんの魅力が大いに繁栄されたところです。

楽しくのびのび英語を学ぶ生徒さんを見て、吉永も英語の勉強しようかなーと思いました。

公式Webサイトはこちら