導入事例
学校・教育

京都市 創医塾京都

2017.03.01


最適針路とは、学習効率だけを求めるということではありません。目標に向かって進む針路は、必ずしも一直線とは限らないのです。一見回り道のように見えていても、その時点の自分にとって最適の学習方法を確立するためには、通るべき道は通って、医学部受験準備を進める必要があります。そして、状況がさまざまに変化しても、医学部進学への意思を曲げず初志を貫徹する、また、場合によっては、受験大学や目標時期の変更を検討し、短期間のうちに最終決断するなど、柔軟に対応できる力も同時に備えていなければなりません。創医塾京都では、一人ひとりが目標を達成するため、医学部進学への最適の針路選択ができる学習の場所を提供します。

公式Webサイトはこちら