導入事例
観光・名産品
酒造・酒蔵

京都市伏見区 東山酒造

2017.10.09

こだわりの酒造りを追求する東山酒造は、杜氏伝承の日本酒の歴史と伝統を重んじた仕込みを継承し、
本来の日本酒の旨さを追求したこだわりの純米酒を育て続けています。
現在は、南部杜氏 保坂康夫が、長年培ってきた「技」と「経験」でじっくりと醸しています。
鳥取県田中農場(田中正保氏主宰)のほぼ有機栽培に近い「特別栽培米・山田錦」のみを100%使用した「坤滴」。
京都産の幻の酒米「祝」を100%使用した「魯山人」。
どれも60%まで精米した米を使い、米による味わいの違いを追及しています。
また、日本酒本来の味をしっかり残すためにゆるやかな濾過を行い、無色透明ではなく少し山吹色で、濃醇な 味わいと香りをお届けします。

公式webサイトはこちら