導入事例
宿泊施設

京都府京都市 京町屋の宿 十四春旅館

2018.08.29

主屋・土蔵は国の登録有形文化財・塀は市の歴史的意匠建造物の指定を受けています。

主屋はやや奥に引っ込んで建つ、いわゆる「高塀造り」の仕舞屋。
高塀には、腰高の出格子窓が付属しており、塀の外観に表情を与えています。出格子を内側から見ると庇が杉皮で葺かれ、腕木は皮付きの曲木で、数奇屋風の材が用いられています。
また、窓台内側下方に戸袋が仕込まれ、ここから雨戸を刷り上げて施錠することができ、手の込んだ造りとなっています。

ホテルでは味わえない人情味あふれたおもてなしで、
お客様の旅の思い出づくりのお手伝いをさせていただきます。

公式ウェブサイトはこちら