導入事例
宿泊施設

京都府南丹市 美山ハイマートユースホステル

2017.10.10

1909年の夏、ドイツの小学校教師、リヒアルト・シルマンが思いつき、ドイツのアルテナ城に、
簡素な青少年用の宿泊施設を作ったのが始まりです。「旅をしたい」という青少年の誰もが頂く夢を
安全に楽しく、しかも経済的に有意義なものになるようにと考えられたシステムです。
ユースホステルの良さは、
●泊りあわせた全ての人が、人種・宗教・性別・イデオロギ-の差別なく、友情を深める機会を持てる事。
●1泊でも長く、1日でも広く遠くへ旅をしてもらえるように できる限り低廉な宿泊費としている事。
●お互いの迷惑にならぬよう決められたルールを自主的に守ることによって楽しく泊れる事。
●マネージャーが親切に面倒を見てくれるので一人でも安心・安全な事。    等です。
日本国内では350ケ所、世界では4500ケ所のホステル・ネットワークでつながっています。

公式webサイトはこちら