導入事例
保育園・幼稚園

八幡市 早苗幼稚園

2017.03.01

集団生活を通して・・・

 やさしさ たくましさ の土台を育てていきたいと考えています。
 お子さんの目はキラキラと輝いているでしょうか?

 幼児期は、見ること、聞くこと、体験することすべてを吸収し、 人間の人生の中で最も成長
 する時です。

 幼稚園という空間とは、何よりも子どもが安心して遊べる場所、成長期の大 切な時期に身
 体を思いっきり動かして、将来に向けた基礎体力づくりや、運動能力を高める空間である
 べきです。

 早苗幼稚園では、子どもたち同士がいろいろな遊びや体験を通して、友達を つくり、たく
 ましい身体と豊かな心を持つ子どもに育てていくことを第一に心掛けています。

 幼児は、『遊び』 を通して 友達と協調することや 工夫すること想像する力を育みながら
 いろいろな事を学んでいきます。
 
 大きくなってからの学習とは違い、この時期でなければ出来ない楽しい遊びや経験を十分
 に満喫させてあげること が何よりも大切なことなのです。

 将来の自立に向けて大きく歩み始める時期に、遊びを通して自分で考えたり、試したり
 しながら どんなことでも自分の力で取り組む意欲を育てる事が大切です。

公式webサイトはこちら