導入事例
学校・教育
ファッション

兵庫県芦屋市 トミー洋裁学院芦屋本校

2019.04.30

好きな生地を見つけてデザインを考え、裏地やボタンをそろえ組み立てていく。
時間はかかるけれどわくわく、出来上がって感激。
丁寧に縫った洋服は簡単には捨てられない。
大切に扱って大事に着る 家族のために、友人のために、自分のために。
着る人の顔を思い描きながら服を作る。
幸せな時間だと思います。

服を作る、糸と針を使えるということ・・・
洋裁は人生を豊かにし、周りの皆さんにも幸せを感じていただけるものと、私たちは確信しています。

<公式ウェブサイトはこちら>