導入事例
道の駅

滋賀県長浜市 道の駅 塩津街道あぢかまの里

2017.03.01

知る・観る・食べる、奥びわ湖。

滋賀県の奥びわ湖にある道の駅、塩津海道あぢかまの里。

「あぢかま」とは塩津の地域をさす枕言葉で、びわ湖の水辺で冬を越す鴨に由来しています。
駅の北に広がるのは、ブナ林やアカガシ林など、様々な林・植物の宝庫として、約3万年の歴史をもつ山門水源の森。
輝く水面に映える、新緑や紅葉。
湖と水源の森の間、四季折々に美しく表情を変える自然環境に、
あぢかまの里はあります。

奥びわ湖を、より快適に楽しんでいただくための、観光情報や道路情報をご案内。
また、案内所としてだけでなく、琵琶ますや鮎など、びわ湖でとれる水産物や鴨肉。地域ならではの新鮮な農産物や特産品も、豊富にそろえました。

様々な奥びわ湖の魅力を、知って、観て、食べる!
そんな魅力の発信地となる道の駅。
ぜひ一度、あぢかまの里へお立ち寄りください。

撮影担当 吉永から一言
撮影当日は朝早くだったのですが、開店前からお客様が来られていて、
朝一番から活気がありました。
食事もバリエーション豊富で、ぜひ長浜に来られた際は立ち寄って頂きたい道の駅です。

公式webサイトはこちら