導入事例
寺社・仏閣

滋賀県長浜市 鶏足寺

2017.03.01

735年僧行基によって開基された古寺。
いったん荒廃するも799年最澄により再興。
山岳仏教の聖地として威容を誇った己高山鶏足寺別院の一つ。
中世には僧兵を擁するほどの大寺で、時の権力者の庇護を受け安定した寺運を続けましたが、江戸幕府の終焉とともに衰微しました。
現在は廃寺となっており、普段は地域住民の手によって管理がなされています。
秋は紅葉の名所「鶏足寺」として、毎年多くの方が紅葉散策に訪れることで知られています。
ゆるやかな参道の石段、苔むした石垣に二百本のもみじの古木が幽玄な情景を醸し出しています。
伝来した本尊(十一面観音立像)は、古橋地区にある己高閣(ここうかく)に安置されています。
隣接する世代閣(よしろかく)とともに、重要文化財の薬師如来立像、十二神将立像のほか、滋賀県指定文化財をはじめ多くの文化財が保存されています。
これらの文化財も地域の住民の手によって守り継がれています。

紹介ページはこちら